MyshintousuiBottle-Q

MyShintousuiBottle-Qは、いつでもどこでもボタンを押すだけで高濃度の水素水が出来上がります。

独自の電気分解方式で
水を高濃度の水素水へ

MyShintousuiBottle-Qは、水を水素と酸素に分離して生成しており、分離した酸素はオゾンとなりボトル底部に気泡となって徐々に残り、生成完了後に傾けると気泡となって気中に放出されます。生成中のボトル内は水素と酸素が結合しない脱酸素状態となるため、溶存水素濃度が大きく上昇し生成後の濃度低下も緩やかです。

1200ppbの水素水が
たった3分30秒で作れる

これまで多くの水素水生成機では高濃度の水素水をつくるのに10分、20分と時間が必要でしたが、MyShintousuiBottol-Qでは、300CCの水をたった3分30秒で水素濃度1200ppb以上の高濃度水素水にすることが出来ます。

  • ※測定条件:天然水「いろはす」、水温20℃、水素生成直後測定
  • ※ボトルの状態:満充電時、微細な気泡が発生している状態
  • ※測定機器:トラストレックス社製、[溶存水素計ENH-1000]

水素水は
溶存濃度が命

弊社の表示濃度は、生成後の気泡の無い状態で測定した溶存水素濃度です。気泡が出ている状態で測定した濃度は水素ガス濃度で溶存濃度とは異なります。溶存水素濃度計で水素水生成中に測定すると水素ガスを検出し高濃度表示されますが正しい値ではありません。水素水生成器を選定する際は生成後の溶存水素濃度をお確かめ下さい。

※生成時の水温によって濃度が変化します。

水素が溶存している水素水は時間経過とともにゆっくり水素濃度が低下していきます。

水素生成中は1200ppb以上で生成後は1200ppbから緩やかに濃度が下がる 水素生成中は水素ガス濃度が測定され、生成後は溶存水素濃度になります。

電気分解で水素と酸素が分離し酸素同士がくっついてボトルを傾けるとオゾンとして出ていく

分解時の状態と傾斜によるオゾンの排出イメージ

「溶存水素濃度判定試薬」では
正確には判定できません

「溶存水素濃度判定試薬」は、水を電気分解する際に発生する酸素の影響を受ける為、弊社の製品で生成した水素水の溶存水素濃度測定には適しておりません。
溶存水素濃度の確認には、ポータブル溶存水素計「ENH-2000」をご使用ください。

水素濃度の低下が緩やかです

MyShintousuibottle-Qで作られた水素水1000ppbの水素濃度が6時間ほど経過しても500ppbの水素濃度を保ち続けます。

  • ※測定条件:天然水「いろはす」、水温20℃、水素生成直後からの濃度低下
  • ※ボトルの状態:満充電時、微細な気泡が発生している状態
  • ※測定機器:トラストレックス社製、溶存水素計ENH-1000

水素濃度だけでなく、酸化還元電位の還元力も非常に高い数値を示しています。

酸化還元電位(ORP)とは

酸化させる力と還元させる力との差を測定して電圧(mV)で表したものです。プラスであれば体をサビつかせる酸化力が強く、マイナスであればサビをとる還元力が強いということになります。MyShintousuiBottle-Qで生成した水素水は一般的に酸化還元電位の低いと言われている抗酸化食品よりもマイナス方向に大きい値を示しています。

pHが変わらないのにマイナス

MyShintousuiBottle-Qで生成した水素水は生成前後でpHは変化しません。中性の水で生成すると中性の水素水が出来ます。
一方、同じ電気分解でも生成前後でpHが大きく変わる水もあります。俗に云うアルカリイオン水(電解水素水、還元水素水)です。
これらは、pHの変化により酸化還元電位がマイナス方向に大きい値を示しています。
つまり、MyShintousuiBottle-Qで生成した水素水はアルカリイオン水とは全く異なり、水素本来の性質がそのまま酸化還元電位に反映されています。

  • 備考1:試料数は3個で各3回測定
  • 備考2:図中の数値は中央値
  • 備考3:赤矢印は沸騰後室温冷却時のORP

酸化還元電位は加熱するとプラス方向に傾きますので生成後の加熱はお勧めしません。

酸化還元電位のグラフ

一度の充電で40回超生成
充電台に置くだけ!
簡単ワイヤレス充電

専用の充電台に置くだけで自動的に充電開始。1回の充電で40回以上1200ppb以上の水素水が飲めます。

製造メーカーならではのサポート体制

購入後サポート登録をしていただくことで、1年間の無償サポートがついてきます
また、無償サポート期間終了後でも、低価格で素早いアフターサポートをご提供しています

日本水素水振興協会に
認定されています

MyShintousuiBotle-Qの溶存水素濃度は日本水素水振興協会において、協会基準300ppbの4倍を超える1227ppbであると認定されました。(水温20℃で測定)

myshintousuiBottle-Qの商品イメージ

型式: AWH003
容量: 300cc
生成時間: 3分30秒
溶存水素濃度: 1200ppb以上
満充電時生成回数: 40回以上
使用温度範囲: 0℃~40℃
定格電圧: 7.4V
本体重量: 190g
寸法: ⌀60×L197mm
付属品: 充電スタンド AC-DCアダプター ハンディポーチ
材質: ボトルーPCTG樹脂 コアユニット・キャップーABS樹脂
価格: 43,780円(税抜価格 39,800円)
説明書: 取扱説明書(2.93MB)こちらをクリックでPDFが開きます。
CE認定書 CE認定書(446kb)こちらをクリックでPDFが開きます。
パンフレット パンフレット(1.4MB)こちらをクリックでPFDが開きます。
  • ※水素濃度は水温水質により変わります。
  • ※消耗部品は水素発生部と内蔵電池となります。1日4、5回水素生成をして1年半から2年で消耗部品の交換をお勧めしてます。
  • ※一般の水道水は塩素、アルカリ剤、凝集剤等の薬剤や配管内の不純物により耐久性能が低下する場合があります。浄水した水や軟水のミネラルウォータをお使い頂くことをお勧めします。
  • ※製品は改良のため、予告なく変更する事がございます。
水素水はすぐ飲むのが良いの?
水素はすぐになくなるといわれておりますが、弊社の生成器は生成終了3時間経過後の水素濃度は15%程度の低下です。体に効果があるとされている濃度が300ppb以上ですので時間を気にせずゆっくりお飲みいただけます。
水素水はどの程度飲むと良いの?
水素水の飲用回数ですが、一度に多くの量を飲用しても問題ありませんが、少しの量(50cc~100cc程度)を小まめに飲用することが良いとされています。
弊社の生成器は水素濃度の低下が緩やかですので少しずつ3時間程度で飲みきることを目安にしていただくといいと思います。
水しか入れてはいけないの?
水素生成能力低下の原因となりますので、水以外のご使用はお止め下さい。なお、生成後の水素水を使用して水出しのお茶やコーヒーを作ることは可能です。
※生成後の水素水を温めると水素濃度は急激に低下いたしますのでご注意下さい。
水道水はつかえないの?
水道水でも生成は可能です。
ただし、水道水には塩素、消石灰等の薬剤や水道管の赤錆等が含まれており、その量も地域や季節により異なります。水道水をそのまま使用しますと発生体にその成分が付着する場合やボトル内の底部が茶色く変色する場合がありますので、ボトル内をこまめに洗浄してください。
どのくらいの水素濃度が発生するの?
水温により変動しますが、20°Cで生成した場合3分30秒で1,200ppb程度の水素水が生成できます。なお、冷たい水より常温(20°C)から体温程度の水の方が水素濃度は高くなります。
市販の溶存水素濃度判定試薬を使用したが色が変わりません。水素が入っていないのでは?
溶存水素濃度判定試薬では正確に判定することが出来ません。
MyShintousuiBottole-Qの溶存水素濃度を正確に調べるにはポータブル溶存水素計ENH-1000をご使用ください。
オゾン臭が気になります。
オゾンは弊社の生成方法上どうしても発生しますが、水に溶け込んでいないため体に害はありませんのでご安心下さい。また、使用頻度によりオゾンの臭気は弱まりますが気になる場合は以下をお試し下さい。
  1. 生成終了後にボトルを少し傾けますと大きな気泡となりボトルから排出されます。このとき息を吹きかけるか、手で仰いで数分おいていただくとオゾン臭は消えます。
  2. 水温が低いほどオゾン臭はきつくなります。体温程度のお水ですとオゾン臭が弱く、水素濃度も高くなりますのでお薦めです。
  3. コップに移していただくとオゾン臭は軽減します。弊社のボトルはコップに移しても水素濃度はほとんど変わりませんのでコップに移しても安心してお飲みいただけます。
お手入れはどうしたら良いの?
使用後は水道水で軽く注ぎ洗いを行ってください。コアユニットは電装品ですので水洗いせずペーパー等で拭き取るようにお手入れして下さい。また、定期的にクエン酸を使用しての洗浄をお勧めしております。詳しくは取扱説明書PDF(2.93MB)をご確認下さい。
充電の方法は?
  1. ACアダプターをコンセントに差し込みます。
  2. 充電スタンドにジャックを差し込みます。
  3. 充電スタンドの何もない面の枠内にボトルを置きます。(黒の丸スポンジの面に置くと充電できません)
  4. 緑のLEDが点灯し充電を開始します。
充電にかかる時間は?
残量が低下した状態で約4時間です。充電完了後は充電スタンドから外してください。
フル充電にするとどのくらい使えるの?
40回以上ご使用いただけます。ただし、早め早めの充電をお勧めします。
メンテナンスは必要ですか?
内蔵電池と水素発生部の2点が消耗部品となり、定期的な交換をお勧めしております。
消耗部品交換をお勧めする理由は、水素濃度は殆ど低下しませんが、水素発生部から白金ナノコロイドが目に見えない状態で発生しており、これが使用頻度により低下するからです。
この白金ナノコロイドは水素水の効果を高めるとされていますので水素発生部の交換をお勧めしております。また、内蔵電池はおおむね500回程度の充放電で寿命になりますので、あわせて交換しております。
消耗部品交換の頻度は?
交換の目安は1日4回~5回水素生成をして約1年半~2年で交換を勧めています。見た目では判断できませんので、判断に迷った際はご相談ください。
消耗部品交換は自分でできる?送り返して交換?
定期的なメンテナンスも兼ねておりますので、ボトル一式(ACアダプター・充電台含む)を弊社宛にお送りいただきます。弊社にて交換した後にお戻しいたします。
※販売店により対応が異なる場合がございます。販売店から指示がある場合はそちらに従ってください。
海外でも使えますか?
ACアダプターは、AC100~240Vに対応しておりますのでご利用いただけます。ただし、差し込みプラグ形状が国によって異なりますのでその場合変換ソケットが必要となります。家電販売店や空港でお求め下さい。
あわせて、水質にもご注意下さい。
H2ボタンを押しても2,3秒で音が鳴って止まってしまいます。故障でしょうか?
蒸留水、純水、逆浸透膜で濾過した水をご使用になってはいないでしょうか。これらの水は内蔵センサーが水が入っていないと判断し、止まってしまうことがあります。
水道水(浄水器を通していないもの)で生成が出来る場合は故障ではありませんので、これらの水をお使いになる場合はお茶の葉1,2枚など僅かに添加物を入れてください。
水道水で生成できない場合はお手数お掛けいたしますが弊社宛にご連絡下さい。
白いコアユニットと透明容器部分のつなぎ目から水漏れがします。
透明容器の締め込みが少ない場合につなぎ目からの水漏れが起こります。1度当たりがあるところから、更にグッと締めこんでいただきますと、水漏れは無くなります。それでも水漏れがする場合はお手数お掛けいたしますが弊社宛にご連絡下さい。

弊社製品ご購入に際してのご注意

旧製品「My神透水ボトル」は2015年7月をもって製造を終了致しました。

旧製品「My神透水ボトル」(生成時間10分)と現行製品「MyShintousuiBottle-Q」(生成時間3分30秒)では性能向上に伴い価格も上昇しております。
販売価格3万円程度の製品およびポーチが赤または青の製品は、旧製品の可能性がありますのでご購入の際は良くお確かめください。

アウトレット、オークションで販売される製品について

アウトレット、オークションでご購入された商品は保証対象外となりますので、ご購入の際には弊社製品取扱店にてお買い求めください。
尚、弊社製品取扱店はオークションへの出品、アウトレットでの販売を行っておりません。

弊社製品取扱店一覧